笹部秀樹公認会計士事務所 - 中堅上場企業~ベンチャー企業社長様の片腕として、会計・財務面から会社経営を強力にサポート致します
 
 
 
          Service Line
 
会計・財務関連アドバイザリー
 
 新しい会計基準の適用時や、新たな会計事象が発生した際、上場企業であれば会計監査人に相談すればたいていの場合こと足りるとは思いますが、公開準備をこれから視野に入れている、もしくは設立して間もないベンチャー企業の場合には、そうした相談役が身近にいないケースも少なくはないのではないでしょうか?
 
 当事務所では、上場企業の監査にも継続して携わり、最先端の知識をアップデートしている公認会計士が対応することにより、日々の会計上の疑問に対して適切かつスピーディーに対応することが可能です。
 
 また、年間での顧問契約の形式だけではなく、柔軟なサービス形態をとることにより、必要な時に必要なサービスを受けられるよう配慮しています。結果として、クライアントのトータルコストを下げることにつながるもの考えております。
 
 一方でプロに相談を要するような難しい会計判断は、ひとつ前提条件や適用要件が変われば、結論が全く異なってくることも少なくないため、会社の経営環境や組織、取引形態等についての十分な理解が必須となることから、ある程度の期間継続してお付き合いさせていただくことにより、より品質の高いサービスを提供することが可能となるのも事実です。
 
 多くの方が近所に掛かり付けのお医者さんをお持ちのように、当事務所は企業の掛かり付けドクターとして末長くお付き合いいただけるよう、精一杯頑張ってまいります。  
 
  内部統制関連サービス
 
 既に昨年度あたりからJ-SOXが適用となっており、上場企業に関しては前年度までに作成した内部統制に係る文書を毎年アップデートしていけばよい状況にありますが、これから公開準備を考えている、もしくは既に公開準備中の企業に関しては、これからJ-SOXに対応すべく、内部統制を構築していく必要があります。
 
 こうした、企業が上場後のJ-SOX監査に耐えうる内部統制の構築及び文書化を効率的に進めて行くためには、経験豊富なプロフェッショナルのサービスを適宜利用しながら進めていくことが最短距離でゴールまで到達する有効な手段であると考えます。
 
 当事務所はこのよう企業に対して、これまでのJ-SOX監査の経験を通じて、最短距離でのアドバイスを的確に行うことが可能と考えております。
 
株式公開準備サポート
 
 当事務所では、これから株式公開を考えている企業様に対して、数年後株式公開を成功に導くために、今の段階ではどんな準備が必要なのか、上場するまでどれくらいのコストがかかるのか、うちはどの市場を目指すのが適切なのか、といった準備初期段階の疑問に対して、実際の株式公開の経験に基づき、適切なアドバイスを提供いたします
 
 また、既に公開準備の意思決定が行われている企業様に対して、今後の株式公開プロジェクトを進めていくにあたり、主幹事証券会社や監査法人の選定のタイミング、上場申請資料作成に際しての様々な疑問、資本政策の策定等に関して適切なアドバイスを提供いたします。
 
 上記のようなサービスはいずれもプロジェクト期間中は、ある程度継続して頻繁な対応を行うことが想定されますので、プロジェクト単位でのサービス提供をご提案させていただいております。
 
  経理業務アウトソーシング( ベンチャー企業向)
 
 設立後間もないベンチャー企業の場合、人・もの・金といった経営資源は体力・事業規模に応じて、これから蓄えていこうという段階にあります。
 
 人間でいえば、まだ未成年の段階。これから社会に出て色々経験や知識を積重ねていくことで、不十分な点を吸収しながら立派な大人に成長していく過程にあります。
 
 将来的には経理責任者を採用して、社内で日々の記帳業務や、月次予算の策定、予算実績分析、税務申告までを完結して行うことが目標ではあっても、上記のような過程でその一部をプロにアウトソーシングすることがむしろ効率的な場合もあります。
 
 当事務所では、こうした成長過程にあるベンチャー企業に対して、お客様のニーズに応じて、経理業務の一部について代行して行うとともに、自計化へのアドバイザリーサービスを提供致します。
 
 
  その他のサービス
 
 会社買収等に伴う財務デュ―デリジェンスや株価の算定といった、会計専門家による報告を要する業務等、会計・財務に付随する種々のサービスを提供致します。お気軽にご相談ください。